「楽しかった」という質問は多くの危険をはらんでいます


お久しブリです。

塾講師目線&父親目線で、塾に通う前にお子さんの成績を上げるちょっとしたコツを伝える専門家、ブリさんこと神澤武利です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

画像の説明

子供に「楽しかった?」と聞く親御さんて、
本当に多いですよね。

その影響なんでしょうか、
何を聞いても「楽しかった〜」と
感想を言う子も多くなっている気がします。

感情や思考は、言葉と深く繋がっています。

言葉を多く知り、多く使えば、
それだけ感情や思考も豊かになります。

しかし、もし「楽しい」しか使えないと・・・
色々と困ることも多くなりそうです。




【魔法の質問】必要かどうか?


塾の授業を体験してくださった親御さんが

お子さんに「楽しかった?」と聞く場面をよく目にします。


ディ●ニーランドのような

エンターテイメント性を塾に求めているのであれば

それでもいいのですが、

例えば受験や成績アップといった目的で塾を探している場合は、

「楽しかった」という質問は多くの危険をはらんでいます。


「楽しい」というのはとても判断が難しい感想です。


勉強が楽しかったのか、

先生が楽しかったのか、

友達が楽しかったのか

わからないからです。


楽しい先生というのは、

単に小ネタが満載だったり、

お笑い芸人みたいな人だったりします。

で、そう言う人ほど教えるスキルは低かったりします。


それから中高生からすると

年齢の近い学生バイト講師や若い先生だと

話があったりして楽しいと感じることがあります。


あるいはその塾に友達がいて、

学校とは違う雰囲気の中で、

わいわいがやがやっていて楽しいという場合だってあります。

(むしろ、そういうのってめっちゃ楽しいですよね笑)


よく22時くらいに

コンビニでたむろしている中高生を見かけますが、

あれなんてまさしく「楽しさ」の象徴です。


けれど、それで成績が上がると思いますか?

教育的に価値のある経験を得られると思いますか?


続きはこちら





たとえばスポーツ。

走りこみや筋トレなど、
基礎練習と言われるものも大切です。

でも、それって楽しいですか?
辛いと感じる人もいるのではないでしょうか。




基礎練習が楽しくないから、
そのスポーツをやめるのですか?

そんなアホな話はありませんよね。

むしろ基礎練習を通して
体の使い方が上達するからこそ、
よりそのスポーツが楽しめたりするのです。




勉強も同じです。

楽しくなるためには
基礎練習が必要です。

その基礎練習は
あまり楽しくないかもしれません。

でも、その子にとっては
必要なことかもしれないのです。

ありがとうございました。








大学受験で英語が得意なのは、
大きな大きなアドバンテージ。

もしあなたが本気で英語を上げたいのなら、
鈴木教室長の授業がオススメ!

でも、部活や遠方で通えない人、
塾や予備校で思うような効果が出ていない人は、
こういう映像授業で一気呵成に集中勉強するのも
良いと思いますよ。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。





責善学舎,和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 英語4技能 高校受験 中学受験 入試],大人の英語塾,オリジナル香水まとい,脳力ごはん,除菌消臭水プリュテック

コメント


認証コード9426

コメントは管理者の承認後に表示されます。